女性化乳房に苦労した話

私の暗黒時代

私の暗黒時代体に異変、男なのに胸が発育女子よりも胸が大きくなる失った青春、同じ症状の男性は早めに手術する決心してください

私は20代の男性で、今では普通にサラリーマンとして社会で働き、彼女もいて幸せな生活を送っています。
しかし、以前までの私はとある病によって、暗い生活を送っていました。
その病が私に襲い掛かってきたのは中学3年生くらいの頃のことです。
私はどこにでもいる普通の男の子で、外で遊ぶことも好きですが家でゲームをすることが何よりも好きでした。
友人との関係もかなり上手に築けていたので、特に心配事はありませんでした。
勉強も周りと比較しても特に劣っているということもなく普通にできていました。
しかし、ある日私の体に異変が起こったのです。
それは胸のあたりに痛みを感じ、しこりができるというものでした。

この症状は友人に相談したところ、思春期の男の子によく起こる体の変化だといわれました。
その言葉に安心してその時は放置することを決めました。
その時は女性化乳房という病名は一切知りません。